はじめての一人暮らし

はじめての1人暮らし、色々な物を買い揃えたり、引っ越し準備に追われたりとなかなか大変です。

どうやって物件を探せばいいのか、荷造りやどの引っ越し業者を使えばいいのかなんてことも考えなければなりません。

しかし、何事もはじめてはわからないことだらけです。

そんな、はじめてだらけの方の「どうすればいいの?」という様々なギモンをここでは丁寧に解説します。


物件探し

これから1人で住むことになる家。

 

この地域の物件がいい。

こんな部屋に住みたい。

家賃はこのくらいが理想。

 

など、色々な思いがあるのではないでしょうか。

しかし、不動産会社はいくつもあり、物件だって膨大な数が存在します。

その膨大な数の不動産会社、物件情報からどうすれば目的の物件を探し出せるのか。

ここでは、そのちょっとしたコツをお教えします。

 

物件を探し、見学するためには、最終的に不動産会社に行かなければなりませんが、住みたい地域の不動産会社がどこに、何件あって、どんな物件を扱っているのかもわからない状態で訪れても効率が悪く、ましてや一人暮らしをする地域が今住んでいる地域より遠ければ交通費だって馬鹿になりません。

しかし、このコラムを読んでいる、ということは、あなたにはインターネット環境があるはずですので、まずはインターネットで該当地域にある不動産会社のホームページを調べたり、大手の物件検索サイトで物件情報を調べてみましょう。また、コンビニや書店で売られている不動産情報誌に目を通すのもいいでしょう。そうやって気になる物件を絞り込んでから不動産会社に連絡を取ることで、手間を大幅に減らすことができます。

 

実際に見たい物件を決め、不動産会社に連絡を取り、見学の日程を決めたらいよいよ目的の物件の見学です。自分の希望に沿った物件か、周りにどんな施設があるのか、駅までどれくらいかなどを良く調べ、わからないことはどんどん不動産会社の人に質問しましょう。これから住むことになるかもしれない家です。契約を交わして引っ越してから問題が発覚し、後悔することのないようにしてください。


 

引っ越し

住む物件が決まり、手続きが終わったらいよいよ引っ越しです。

引っ越しをするには「自分で引っ越し作業をする」と「引っ越し業者に依頼する」と、大きく分けて二つの方法があります。

 

自分で引っ越しをする

自分で荷造りや荷運び荷ほどきなど、引っ越し作業の全てをこなします。

荷物が多い場合や大きい家具を運ぶ場合は1人では難しいので、友人に頼んで手伝ってもらうのも手です。

引っ越し業者数社に見積りを依頼したけど、予想金額より遥かに高額だったり、近所に引っ越す場合などではこの方法が有効でしょう。

ただし、友人に手伝ってもらった場合、謝礼を支払ったり、ご飯代を御馳走することになるでしょう。

その場合、結果的に引っ越し業者に依頼したほうが安く済んだ。などという場合もありますので、注意してください。

 

引っ越し業者に依頼する

遠方に引っ越す場合や、友人の手が借りられず、自分1人で引っ越し作業をするのが厳しい場合、引っ越し業者に依頼して、引っ越し作業を任せてしまう方法です。

最近では、単身パックなどの安価なプランがありますので、思ったよりも安く引っ越しをすることができます。

これなら自分でレンタカーなどを手配して荷運びする手間も省け、大きく重い家具も所定の場所に運んでくれるので、予算が合えば楽に引っ越しを終えることができます。

ただし、引っ越しのシーズンになるとなかなか予約がとれなかったりしますので、見積り依頼や申込みは早めに行うように心がけましょう。



オススメ!